プレマリンのジェネリック体験談

女性ホルモン・黄体ホルモン・成長ホルモン SEARCH (エストロモン・プレマリン等)

プレマリンのジェネリック体験談

エストロモンという経口薬をご存知でしょうか。
エストロモンはプレマリンのジェネリック薬品の事です。
プレマリンというのは、女性ホルモンの卵胞ホルモンを補う薬の事です。

女性ホルモンは、エストロゲンという卵胞ホルモンとプロゲステロンという黄体ホルモンがあります。
卵胞ホルモンのエストロゲンは卵巣から出るホルモンで女性らしい体をつくり月経を発生させたりする作用があります。
美肌にも関連する他、妊娠ができるような状態にするので女性には重要なホルモンです。
黄体ホルモンのプロゲステロンは、月経や妊娠や出産に関連するホルモンです。
妊娠に重要な子宮内膜を調整する作用、体温上昇させ妊娠をすると分泌を続けます。
このように女性ホルモンは、女性にとっては重要な役割があります。
しかし、何らかの障害や疾病、ストレスでバランスがこれらの崩れてしまう事があります。
先程のプレマリンのジェネリックのエストロモンは、卵胞ホルモンの補助薬なので特に、閉経時の女性にとって有効なお薬です。

それでは、更年期障害の女性の体験談を紹介しましょう。
50歳代の女性。「慢性的な疲労が最近ずっと続くようになり、最初はただの年齢的な体力の低下や老化での疲労かと思っていました。しかし、いくら休息してもだるさが取れず、精神的にも落ち込んでしまう日が続くようになりました。そして、疲れているのに眠れない状態になったので病院へ行き、そこで更年期と診断されお薬を服用しています。それからというもの精神的に落ち着き、だるさも取れました。病院に行くときは、躊躇しましたが行って本当に良かったです。」このような体験談のように、特に閉経前後に多い更年期障害ですが症状は、人ぞれぞれ違うので本人が更年期障害かもと気づきにくいのです。

さて女性ホルモンの分泌が低下するとどのような症状が出てくるのでしょうか。
主な症状として倦怠感、慢性疲労感、冷え症、頭痛、肩こり、めまい、のぼせ、微熱、食欲不振、不眠、イライラ、不安感、うつ、記憶力、気力・集中力の低下があります。
若い世代での女性ホルモンの低下状態は深刻な状態をもたらします。
症状をほおっておくと不妊症や動脈硬化、骨粗しょう症などをまねきます。
変だなと思ったら、不安でも婦人科に相談しましょう。