ジェネリックプロベラ等の飲み方

女性ホルモン・黄体ホルモン・成長ホルモン SEARCH (エストロモン・プレマリン等)

ジェネリックプロベラ等の飲み方

プロベラとは何のお薬でしょうか。
黄体ホルモンという女性ホルモンを補うお薬の事です。
黄体ホルモン(別名プロゲステロン)は排卵後の卵胞が黄体に変化したところから分泌されるホルモンです。
このホルモンは、子宮内膜を妊娠しやすいような環境にし、受精卵が内膜に着床しやすいようにします。
着床後も分泌し、妊娠を維持するようにします。
プロべラは、卵巣に対して未熟な卵胞の成熟を阻止し,排卵・月経をおこさなくする作用があるため,連続服用すれば避妊の効果があります。
また対象としては無月経や月経周期異常(稀発月経・多発月経)、月経量異常(過少月経・過多月経)、機能性子宮出血、黄体機能不全による不妊症や切迫流早産、習慣性流早産に適用します。
また、閉経後のエストロゲン補充療法の子宮内膜への影響を阻害するためにも使用されます。

このジェネリック プロベラにOrgamedオルガメッドがあります。
飲み方は通常、成人は1日1~6錠(主成分として2.5~15mg)を1~3回に分けて服用します。
2回分を一度に服用してはいけません。
60歳未満の成人のOrgamedの飲み方は、続発性無月経:1日5~10 mgを経口で5~10日間服用して治療をやめてください。
開始日はいつでもかまいません。

不正子宮出血:1日5~10 mgを経口で5~10日間服用してください。
月経周期の16日目または21日目に開始してください。

月経の誘発:1日10 mgを経口で10日間服用してください。
月経周期の16日目に開始してください。
プロベーラの服用を止めた後、通常3~7日以内に消退出血が始まります。

0.625 mgの抱合卵胞ホルモンを摂取している閉経後の女性における子宮内膜増殖症のリスク減少:1日5 mgまたは10 mgを経口で1カ月に12~14日間続けて服用してください。
サイクルの初日または16日目に開始してください。

60歳以上の成人の飲み方。
医師の指示が特にない限り、60歳未満の成人の用量に従ってください。

ジェネリック プロベラのOrgamedの服用希望で、気になる症状があれば婦人科で検査する事が望ましいです。